PERSON/働く人

MESSAGE/代表メッセージ

代表取締役社長 瀧澤 陵/RYO TAKIZAWA
代表取締役社長 瀧澤 陵/RYO TAKIZAWA

専門学校に行く傍らアルバイトとして勤務。学校卒業後の2001年に正社員として正式入社。トラックドライバー兼配車係として業務に従事する。
2004年に営業部へ異動となり、新規開拓等に従事。2006年運行管理部長、2010年営業部長、2012年事業本部長を歴任。
現在は(株)ジーエムエスの代表取締役社長および、グループ会社であるリファインバース(株)の取締役を務める。

業界のイメージを変える会社になる。
この業界は古くからありますが、私たちは産業廃棄物業ではなく“資源開発業”として業界イメージを変えていきたいと思っています。

たとえば「資材運搬=トラック」と誰が決めたのでしょうか。マンション現場などに出入りするときは、見た目もキレイな小型車両を導入する。スタッフも清潔感のあるユニフォームを着用する…など、古い慣習にとらわれない新しい風を、業界に吹き込んでいきたいと考えています。

事業モデルについても同様です。従来のように、大規模解体案件に参画して価格競争に巻き込まれるのではなく、マンションリフォームなどの小規模工事を、解体から運搬・処理・リサイクルまで一手に担うことにより無駄を省き、効率よく回すことで収益を上げる――そんな独自路線の開拓が、当社の強みです。
拡大・成長期に突入。
私たちの仕事を一言でいえば、「すべての廃棄物を資源として活用すること」。リサイクル分野は、今後ますます注目を集める分野です。

加えて当社は、タイルカーペット再生において世界随一の独自技術を持つリファインバースグループの一員。仕事の引き合いも多く、会社として拡大・成長期に入りました。今後さらに工場や運送拠点を新設し、車両も増やしていくところです。
働く人にとって多くのチャンスがある。
会社が成長している分、働く人にとっても多くのチャンスがあります。たとえば業績向上による報酬UPもそうですし、工場や拠点が増えるに伴って、主任や課長といったポジションもたくさん生まれてくる。

当社は現場スタッフからでもどんどん役職へ登用します。現在5人いるマネージャーのうち、一人を除けば全員が現場上がりですし、年齢も30代ばかり。私自身もトラックドライバーからのスタートでした。
コツコツできることが武器になる。
不器用でもいいので、真面目にコツコツ仕事ができる人がいいですね。基本的には同じ業務を繰り返し行なうことになるので、地道に作業を続けられることが大きな武器になります。自分自身の経歴に自信がない…などと思わず、遠慮なくご応募いただければうれしいです。一緒に、この会社を大きく育てていきましょう。

代表取締役社長 瀧澤 陵/RYO TAKIZAWA

CONTENTS/コンテンツ

INTERVIEW/社員インタビュー

INTERVIEW/社員インタビュー

「定年までに家族に幾らお金を残せるか」と考えたのがきっかけです。

最初の3ヶ月はずっと筋肉痛でした(笑)。でもすぐ慣れます。

CROSS TALK/座談会

CROSS TALK/座談会

現場を経験しつつ、今は責任あるポジションで活躍中。そんな先輩社員に訊きました。