企業情報

企業情報

社長メッセージ

廃棄物という概念の無い未来へ。
photo

産業廃棄物処理業に求められる事は、時代の変化とともに大きく変わってきました。第1フェーズとして、廃棄物を適正に処理し、不法投棄が起こらない仕組みづくりが重視されてきました。第2フェーズとしては、リサイクルを含む資源循環への取り組みに焦点が当たってきました。

しかし現在、世界規模での「廃プラスチック問題」、日本社会での「少子高齢化に伴う人材難や介護問題」など、我々を取り巻く社会環境は非常に大きな変化点を迎えており、産業廃棄物業処理業も次のフェーズに進化する必要に迫られているのではないでしょうか。

私は前職でIT企業で勤務する中で、多くの企業がテクノロジーを活用し、自社業務の効率化や働き方改革だけでなく、既存ビジネスモデルの差別化まで行っている数多くのケースを目の当たりにしてきました。その為、私たちGMSもテクノロジーを積極的に活用することで、情報の透明性を更に高めコンプライアンスを強化すると同時に、高い業務効率性を実現し、お客様へのサービスレベル向上が可能であると私は考えています。

またリファインバースグループとして、私たちが回収する産業廃棄物の中から、現在実現しているカーペットタイル以外、第2、第3の廃プラスチックのマテリアルリサイクルを実現することで、お客様、パートナー企業様、その他すべてのステークホルダーと共に、循環型社会の推進に努めます。

「産業廃棄物処理業だからこそできる、社会課題への貢献がある」という信念のもと、産業廃棄物処理の未来を創造する会社を目指します。

瀧澤 陵

社名の由来

GMSという社名は、Global material solutionの略であり、世界に通じるまったく新しい″資源″として、廃棄物を再定義し循環させていく…という思いを込めました。

社のロゴは資源の循環による価値の創出と持続可能な事業モデルを象徴する円形をモチーフとし、グループ全体でこの価値を共有しています。

GMS リファインバースグループ